スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西海屋:「下のボタンをクリックするとお代官が喜ぶんで、よろしくですよっ!うひひひ」
悪代官:「そちも悪よのう!ひっひっひ」
にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

エピソード#10 母親の危機!

この話しは書かずにおこうと思ってたんだけども
ネタも少ないし、この際書いちゃおうかと・・・

いやなに、オイラのトンデモな母親ですが・・
よく知らない人はこの記事とかこの記事とか読んでみてもいいかも(何


3ヶ月ほど前になりますか・・
夜の8時か9時だったか・・まったりしてたら母親のお友達でオイラも良く知ってる方から携帯へ電話が!
なんやろー?と思いながら出てみると
「すぐにお母さんの所に行ってみてくれ!」と!!

母親は市内某所某建物の5階に1人暮らししてるわけですが・・・
なんでもそのお友達と電話で話してたら
「急に応答が無くなった」と!(゚〇゚;)なぬ?

「すぐ行って見ます」と電話を切って母親の携帯に電話をしてみるも
呼び出しはしてるけど出ない!!?(゚〇゚;)マ、マジ...

電話中に急に・・・って・・・・マジやばいんでない?


車で10分、ぶっ飛ばして駆けつける!
玄関には鍵がかかってて、呼び鈴押しても応答無し( ̄□||||!!
携帯へ電話すると、中で着信が鳴ってる音はかすかに聞こえるんだけどこれまた応答は無し!
「完全に普通じゃねぇ~!」

実はなんと、オイラはここの鍵を持っていない!
1個預かろうとは思ってたんだけどスペアが無いというので
まあそのうち・・そのうち・・と
焦りつつも「ここは冷静に」と頭をめぐらすオイラ。
1階入り口にその月の責任者(月当番)が貼ってあったのを思い出し
確認してそのお宅お尋ねて事情説明しつつ、どこか鍵を管理してるとこを知らないか聞いてみても「そんなとこは無い」とのお返事で(T△T)


「こうなったら鍵屋さんに鍵を開けてもらうしか無い!」と一旦外に出て鍵屋に電話する!

「えーと、あなたそのお家に住んでる方ではないんですね?」
「息子ですけど住まいは別だよっ」
「んじゃあ30分程で行きますが、その場合、警察の立会い必要なんで警察呼んでおいて下さいね。」
えええ?!
「マジかよ~」って感じですが冷静に考えりゃ、そりゃまあそうですわな。

しかし何だか一大事なのに
「オイラこんなに冷静でいいもんだろーか・・」などと思いつつ
こんどは110番に電話し事情説明して来てくれと要請!


そうこうしてたら先程の月当番さんが心配して来てくれる!

「下の階の人に言ってベランダに入れてもらって、ベランダから非常用の出入り口開けて上がればどう?私が言ってあげるよ」
w(゚o゚)w オオー!
ありがたす~

んで下の階から避難用の出入り口を押し上げようと頑張ったものの・・
開かずっ!・゚゚・(≧д≦)・゚゚
「じゃあお隣のベランダから入ってみたら?」
w(゚o゚)w オオー!
ありがたす~

んで今度はお隣のベランダから、「イザって時は蹴破れますよ」っていうパテーション?を蹴破らずに手すりから回り込んで母親のベランダへと!
「落ちないでね」とか言われつつ@@
ここで落ちたんじゃシャレにもなんにもなりませんがな!
んで、細心の注意を払いつつ移動成功!
暑くなってた時期だったので予想通り窓は開いて網戸になってるのを確認!
心配して見守る皆さんに「入れますっ!」と報告してから中に突入したオイラっす!



長くなったんで続きは明日!
エピソード#11にて完結予定だっ!
にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村
西海屋:「下のボタンをクリックするとお代官が喜ぶんで、よろしくですよっ!うひひひ」
悪代官:「そちも悪よのう!ひっひっひ」
にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

コメント

うっそー
続きは明日ですかっ

いや、待てませんよっ



って なすすべないか・・・

けど 過去記事のお母さまは
うちの母と同じニオイがいたしますゆえ、
これはもしかしたら
「後で笑い話」的ネタかしらん?

ということにして 寝ることにいたします
(長々すみません)
くぅ さま・・

本日の営業は終了致しましたゆえ
明日のご来店をお待ち申しております<(_ _)>

とか・・何様w

ご心配、ありがとうございます<(_ _)>

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。