スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西海屋:「下のボタンをクリックするとお代官が喜ぶんで、よろしくですよっ!うひひひ」
悪代官:「そちも悪よのう!ひっひっひ」
にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

エピソード#11 母親の危機!最終話

さて、昨日の続きですが・・


ベランダから網戸を開けて中に入ったオイラですが
入った部屋は真っ暗なものの、寝室には明かりが!
迷わずそっちに突進すると、ベッドの上には母親の姿!

恐る恐る近づいて様子を窺うと・・・呼吸はしている!!

死んぢゃいねぇ~(-"-;A ...

しかし何だか動かないし・・・
声をかけつつ頬をペシペシやろうが、つねろうが、寝てる・・・てか動かず

こりゃやべぇ~<(゚ロ゚;)>

いやいや、こゆうときこそ冷静に・・・
ペシペシ続けてみつつ救急に電話!

状況説明して住所を告げている・・・・・・正にその時
母親が・・
うにゅ~ん
と動いて眼を開ける!

(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

「じゃあすぐ行きまっす!」と言ってる消防の人を慌てて制するオイラ!
「あ・・・・あ・・・いや!動きましたっ!」(え?w



実はオイラの母親は「夜眠れん」ってことで医者から睡眠導入剤を処方してもらって服用している。
んで以前に一度、効き過ぎてヘロヘロになった前科持ち!
前々日に風邪引いたとか言ってたし、もしかして・・・とは思っていたけど、この様子はっ・・・・・・・

救急におそらくこう言う事情と思われるので来なくて大丈夫と慌てて説明!
「様子おかしかったらすぐ連絡してね」と言われつつ、救急が来るのは何とか阻止!
その間にも母親は
「なんでここにおるん?」とか
「ここで何しとるん」とかブツブツ言ってるし(/_<)
心配してる月当番さんやお隣さんとかが玄関でピンポン鳴らしてるし

あわてて玄関に出て、またまた事情説明!
「薬を飲みすぎて効き過ぎたんじゃないかと・・」
住人の皆さんは「まあそれなら良かったわ~」と言う事でお引取りいただき

え~と・・・それから・・・・
ヘロヘロしてる母親はほっといて(あ?
鍵屋さんに電話!
「わかりました!じゃあもういいですねっ」

警察に電話っ!
「いや、もう出動してるし、一応事情伺いに行きますから、そこに居てね」
ってことで警察だけは阻止出来ず!

しばらくしてやってきた可愛いい婦警さんに色々説明しつつ、あれこれ聞かれた後、撤収。

てか、夜に婦警さん一人でとか・・・大変やの~w(゚o゚)w オオー!
なんて思った冷静なオイラ



まあ結果、薬が効き過ぎたってことらしいんすが
人騒がせなっ!
マジで寿命が縮まったぞっ!

月当番さんと、お隣さんと下の階の方に、ちゃんとお礼を言っておくように言い置いてオイラも撤収!


翌日母親から電話があって、「お礼言っておきました」と。
「でねぇ、月当番さんに、ちゃんと鍵渡しとかなきゃダメよと言われたんよ」
「うむ、だねぇ」
「息子さん、メチャメチャ慌ててたし!と言っとったわ」
( ̄ェ ̄;) エッ?
スンゲー冷静だったと思うんですけど・・・・・

そう言えば・・・・婦警さんにオイラの住所を聞かれた時いくら考えても番地が思い出せなかったんだけども・・・(^∇^)アハハハハ!


もしかしてオイラは緊急事態に弱いのかも~~~



2部作・・・・完!
西海屋:「下のボタンをクリックするとお代官が喜ぶんで、よろしくですよっ!うひひひ」
悪代官:「そちも悪よのう!ひっひっひ」
にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

コメント

母親思いの優しいたちゅさんだった、という温かいお話でしたのね(^O^)ノ

てか、私も眠剤飲んで家中の電気を点け回って寝たことが・・・(汗
くぅ さま・・

くぅちゃまのお母様も同類の臭いで
くぅちゃまももしかして・・・とかって
そりゃあもしかして大変な家族なんぢゃ・・・・


なんちゃって(* ̄m ̄)プッ

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。