スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西海屋:「下のボタンをクリックするとお代官が喜ぶんで、よろしくですよっ!うひひひ」
悪代官:「そちも悪よのう!ひっひっひ」
にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

エピソード#24 根拠の無い自信?

昨日の夜に、、
奥さんと息子と3人で炉端焼的某チェーン店?へ食事に行ったのよ。

あまり酒は好きじゃない=運転手のオイラはお茶だったりしたんだけれどw

そこで息子が
「自分の仕事に自信が無い・・」と!
彼は今、漫画書いたりゲームのキャラデザインしたりしてるわけですけど
「こんなんでお金もらってええんかなーと・・」

オイラの息子らしく謙虚なやつ(は?

世の中使えないヤツに仕事の発注してくるほど甘くないんだから
「自分の仕事に自信を持つのだ!」と言っておきましたがね。
「まあ、オレって最高ー!とか調子こいてるより、さらに上昇できる可能性はあるんでない?!」と。

奥様は息子の性格が自分寄りだと、仲間に取り込もうとしてるし。
そして奥様曰く・・・
「アンタのおとーさんはねぇ・・・」
「根拠の無い自信を持ってる人だからねー・・・・・良い意味で(ザ・オマケ?)」
「楽な性格よねー」



なんだそりゃー・・・みたいな感じですが

まあ確かに、その通りだw

オイラは何に関しても(特に人との出会いに関しては)絶対悪いようにならない・・って自信はある。
もちろん、何の根拠もないけどw
今現在が悪いように見えても、それはいいようになる為の通過点だと!


よくは覚えちゃいないけど、おそらく中学生の頃?
何だったかは忘れたけど、2択の選択肢があって
オイラは右の道を!
ライバル的存在のヤツは左を選んだ事がある。

数ヵ月後、ライバルはとんとん拍子に事は良い方向へ!
そしてオイラは苦労の連続!
「あっちを選んどけば良かった・・。なんでこっちにしたんだろ・・」
と落ち込んだ・・と思う。

でもその時、
「いや!オレが考え抜いて選んだこの道は間違いのはずがない!
 あっちを選んで同じように行ったとも限らんし、もっと先の事はわからない!
 あんなヌル~い成功じゃなく、険しい道がオレの為なんだ!」
みたいな事を考えた!
以来、「最終的にはなるようになるし、悪いようにはならねーよ!」
っていうのがオイラの基本にある!


みたいな事を言うと
「その落ち込んだ状況で、そう考えれる時点で、根拠の無い自信のお気楽モード全開なんじゃない?」
などと言われる・・・・


生まれつきなのかも~w

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

西海屋:「下のボタンをクリックするとお代官が喜ぶんで、よろしくですよっ!うひひひ」
悪代官:「そちも悪よのう!ひっひっひ」
にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

コメント

し、師匠!

弟子入りさせてくださいm(_ _"m)ペコリ
くぅ ちゃま・・

まずは雑用からで良ければ・・(ぉ

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。