歳月の流れを感じた

高倉健さんがお亡くなりになりましたね。
若い頃からを知っていて、大御所と呼ばれるようになった人達が次第に消えてゆく
自分もそういう方向に向かってるってことですねぇ

今日、昔お世話になった方のお葬式だったんですけど(ご高齢の方)
そこに久々に会う人達がいるのは予想ついてましたが
小学生だったかの女の子がもう立派なお嬢さんになっていたりするのを見ると
時の流れを実感したわけです。
で、そのお嬢さんから
「変わらないですね」とか言われ
「いえいえいえ、そんなわけはー・・・」とか言いながら
『向こうも本気で言っちゃいないよねww社交辞令言えるようなオトナになったんかーw』
とか、一人内心うけていた本日。


年齢とともに時の流れを速く感じる(1年が経つのが速い)という感覚は
原因?として諸説あって、何が正解なのかわかりません。
何でしょうね?
新しい発見、冒険が少なく、イベント事が少なくて同じ日々を繰り返すから
歳とともに速く感じる
というのが有力と思ってましたが
よく考えると「忙しくて1ヶ月あっという間」という時もあれば
「暇にしてたらもう1ヶ月経った」ということもある気が・・・・

まあそのうち誰かが、メカニズムを解明してくれるでしょうw
西海屋:「下のボタンをクリックするとお代官が喜ぶんで、よろしくですよっ!うひひひ」
悪代官:「そちも悪よのう!ひっひっひ」
にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)